新着情報

アーカイブ

カテゴリー

2013.08.26

ECLEC + Kodak Polarmax6150 テンダーブラウン

Yellowsplusのデザイナー山岸さんがプロデュースのECLEC(エクレク)を偏光サングラス使用でオーダーして頂きました。

 

ラインが細く、シンプルなボストンフレームはありそうでなかなか見つかりません。

 

 

レンズはコダックの偏光レンズポラマックス!

カラーは、レンズ濃度70%  偏光度90%のテンダーブラウンです。 濃過ぎず薄過ぎず、絶妙なカラーです。

偏光レンズですので、乱反射で起こるギラツキをカットして眩しさを軽減します。

サーファーの写真がキレイに反射せず見えるのが偏光レンズを通して見た状態です。

昼間の屋外では必需品です。

 

 

アスファルトや屋根、車のボンネットなどに反射してから眼に入る光は乱反射して眩しく感じます。

偏光レンズ越しに見える景色です。

フレームもレンズも日本製です。

 

2013.07.19

ECLEC(エクレク) + シーザーフリップⅡ 偏光サングラス

普段遠くはよく見えているお客様。

 

http://greatvines.com/paxil-wellbutrin

でも午後や夕方から疲れるし眩しい、近くが見にくくなってきたと言うことです。

結果は遠視。 遠近両用レンズで常用メガネを選択して頂きました。

こんなに楽に見えるならもっと早く作れば良かった、と言って頂けて非常にうれしく思います。

 

視力が良くても、楽に見えてるとは限りません。

健康診断で1.0の視力が出ても、それは瞬発的な検査です。一瞬だけ頑張って小さな文字を判別できたに過ぎません。

一瞬は頑張れても、長時間のデスクワーク・仕事・勉強・趣味・運動などなど、瞬発的な視力では補えないことの方が実際は多いんです。

 

遠くの小さな文字が一瞬見えるより、遠くも近くも中間の距離も、楽に長時間見ることが出来る方が快適です。

遠くの距離の視力検査で1.0の視力が出ても、近くの距離やパソコン・テレビの距離は1.0が出るとは限りません。それも楽に見えてるとは限りません。

 

今回のお客様は、遠くも中間も近くも余裕を持って見ることができました。

シーザーフリップⅡで、眩しさ対策も万全です。レンズカラーはダークイエローと言います。

特徴は、『朝夕・曇天・雨天など視界が暗いと感じる時にははっきりとした明るい視界が得られます。雨天のドライブや曇天のスキー場など、光量の少ないエリアで物の輪郭が際立って見えます。』

偏光度:95.5%   可視光線透過率:29.4%

その他のレンズカラーも全て体験可能です。

 

お客様の好きなフレームにピッタリとレンズをカットすることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

2013.06.03

新ブランド ECLEC(エクレク)入荷です。

Yellows  Plus(イエローズプラス)を手がける山岸さんのブランド、ECLEC(エクレク)。

あえてチタンやアセテートを使用せず、クラシックデザインを合金とセルロイドで仕上げました。

素材のコストを抑えたため、セルロイドフレームが¥16000、金属フレームが¥15000、巻きセルタイプが¥20000となっています。

もちろん手作りの日本製。Hand made in Japanです。

限定ショップのみの販売になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function vicuna_paging_link() in /home/navii/megane-sugikata.com/public_html/wp-content/themes/wp_sugikata /tag.php:32 Stack trace: #0 /home/navii/megane-sugikata.com/public_html/wp-includes/template-loader.php(74): include() #1 /home/navii/megane-sugikata.com/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/navii/meg...') #2 /home/navii/megane-sugikata.com/public_html/index.php(17): require('/home/navii/meg...') #3 {main} thrown in /home/navii/megane-sugikata.com/public_html/wp-content/themes/wp_sugikata /tag.php on line 32